2ヶ月で468,000円稼ぐことができる複勝Aランク予想





我々の想像以上の出来事が、ゴール前で繰り広げられる近代競馬。

しかし、その中でも、馬の取り巻く状況を知ることにより、

上位に突っ込んでくる可能性がある激走馬が見えてきます。

本気で取り組む予想と妥協した予想は全く次元が異なります。



トップページ 複勝投資成績表 お問い合わせ







2021年1月16日 小倉7レース 4サトノジヴェルニー 3着 複勝130円 払戻金額39,000円
2021年1月17日 中京6レース 6スワーヴシールズ 3着 複勝140円 払戻金額42,000円
2021年1月23日 小倉7レース 3番 ミモザゴール 1着 複勝310円 払戻金額93,000円
2021年1月24日 小倉 9レース 9番 アミークス 2着 複勝370円 払戻金額111,000円
2021年1月30日 小倉 10レース 4番 スズカノロッソ 1着 複勝410円 払戻金額123,000円
2021年1月31日 小倉 12レース 11番 ホウオウライジン 1着 複勝370円 払戻金額111,000円
回収率 288.3% 利益 339,000円

2021年2月7日 東京5レース 13ロジローズ 1着 複勝140円 払戻金額42,000円
2021年2月13日 阪神4レース 15サンライズウルス 1着 複勝120円 払戻金額36,000円
2021年2月14日 阪神4レース 10ローズエンペラー 2着 複勝140円 払戻金額42,000円
2021年2月20日 小倉 8レース 7番 コスモブルーノーズ 2着 複勝370円 払戻金額111,000円
2021年2月21日 小倉 9レース 8番 アスティ 1着 複勝260円 払戻金額78,000円
2021年2月27日 小倉 11レース 15番 マイネルアルケミー 1着 複勝290円 払戻金額87,000円
2021年2月28日 小倉 10レース 2番 ランスオブアース 1着 複勝330円 払戻金額99,000円
回収率 235.7% 利益 285,000円

2021年3月6日 阪神7レース 9ブッチーニ 2着 複勝160円 払戻金額48,000円
2021年3月13日 中山8レース 15デルマシャンパン 2着 複勝160円 払戻金額48,000円
2021年3月14日 中山8レース 8グッドリドゥンス 2着 複勝220円 払戻金額66,000円
2021年3月20日 阪神10レース 14エアロロノア 1着 複勝120円 払戻金額36,000円
2021年3月21日 阪神5レース 9ゲヴィナー 1着 複勝130円 払戻金額39,000円
2021年3月27日 中京 8レース 8番 アランチャアミーゴ 2着 複勝330円 払戻金額99,000円
2021年3月28日 中京 7レース 5番 タイセイモンストル 1着 複勝350円 払戻金額105,000円
回収率 210.0% 利益 231,000円

2021年4月3日 中山5レース 6スワーヴエルメ 1着 複勝240円 払戻金額72,000円
2021年4月10日 阪神 8レース 2番 トモジャアルマンド 2着 複勝370円 払戻金額111,000円
2021年4月17日 阪神 7レース 7番 スズカパンサー 1着 複勝190円 払戻金額57,000円
2021年4月17日 阪神 10レース 5番 メイショウベンガル 1着 複勝200円 払戻金額60,000円
2021年4月18日 阪神 8レース 6番 プレイリードリーム 1着 複勝130円 払戻金額39,000円
2021年4月24日 阪神 6レース 1番 テイエムマジック 2着 複勝340円 払戻金額102,000円
2021年4月25日 東京 11レース 2番 タガノビューティー 1着 複勝140円 払戻金額42,000円
回収率 230.0% 利益 273,000円



予想参加はこちら













はじめに



的中する確率の高い馬券で、

コンスタントに当てれば、投資は成立します。



競馬は来週もあります。来月もあります。来年だってあるのです。

継続して勝負ができることが重要です。



私は、複勝馬券は、最適な抑え馬券だと思っています。

だからこそ、その抑え馬券を、勝負馬券にして、勝負に挑むことが、

一番安全な、投資方法だと思っています。



4日間で60,000円から80,000円の利益を作り出す複勝投資予想よして、

スタートしましたが、実際、4日間で10万円以上の利益が出ることが、

多くなっています。



しかも、複勝馬券には、控除率が優遇されていることにも注目です。

競馬は、馬券投資金額の75%が配当に回さます。

残りの25%は、主催者のJRAが持っていきます。

しかし、複勝馬券は、特別給付金の5%が乗せられ、

控除率が80%なのです。



そのため、馬券の買い方は、控除率を元に考えていく必要があるのです。

競馬主催者のJRAに、持っていかれる控除率と、リスクをを考えると、

最もマッチするのは、複勝馬券です。



決して、馬券を買いまくることをしてはいけない。

予想で、勝負できる馬券と判断した馬だけを買う。

そうすることで、競馬は勝てるのです。



予想とは、様々な角度からの比較・検討によって、

組み立てられていくものです。



予想とは、そのレースで最も能力を発揮できる可能性を

持った馬を見つけることである。



能力を発揮できる可能性を持った馬とは、

そのレースの条件において、好走できる適性を備えた馬である。







予想について



レースを決めるのは、最初の直線。逃げと後方待機について。



競走馬のコース実績という観点からではなく、

コースそのものの特徴から、予想を組み立てることが必要です。



我々は、レース予想の際に次のようなことを考える。

「逃げ・先行馬が残るか、差し・追込馬が届くか」。

頭の中にあるイメージは、最後の直線での攻防であるはずです。



しかし、当然のことながら、

レースというのは、最後の直線だけで競うものではありません。



ペースや展開、競走馬のポジションなどは、

スタートしてから、コーナーを回って、

直線を向くまでの間に決まるものです。



したがって、本当に考えるべきことは、

「逃げ・先行馬が残れる位置にいるか、

差し・追込馬が届く位置にいるか」です。



そして、その際のポイントとなるのが、

『最初の直線』です。



最初の直線が、長いか短いかによって、

レースの様相が、決まってしまうケースがほとんどです。



最初の直線が長い場合、レースの流れが落ち着くことが多く、

逃げ馬はペース配分を考えて走り、

差し馬は、仕掛け所に向けて脚を温存しようとします。

ポジション争いもこうした落ち着いたペースの中で行われる。



好位を奪い合うような枠の有利不利も生まれにくい。

レースは最後の直線に入ってから、

後続をさらに引き離そうとする逃げ馬と、

上がりの脚を使って、追い込んでくる差し馬との攻防になる。



したがって、そこに至るまでのスピードの持続性と、

スタミナが要求されます。



新潟芝外回り2000m。

最初の直線は、約950mにも及びます。



東京芝1600mや、京都芝1600mでも、同じようなレース傾向になりますが、

京都の場合は、最後の直線が平坦なため、

先行馬がスピードで押し切ってしまうケースもあります。



一方で、最初の直線が短い場合は、

コーナーまでの距離が少ない、内枠の馬が有利となり、

1コーナーを制した逃げ馬が、最後まで残るケースが多く、

最初のコーナーで、外々を回らせる不利を嫌って

ポジション争いが激化すると、乱ペースになることもあります。



「逃げ」は、前に出るために、スタート直後にスパートしなければならず、

スタートでたくさんの力を使うというリスクがあります。



逃げるときは、自分のペースで走ることが難しく、

中盤のどこかで、「そろそろ一息入れたい」と思ったときに、

後ろから突かれて、ペース配分がおかしくなることがよくあります。



外枠なら余計にダッシュが必要で、ペース配分の調整は、

ジョッキーにとって最も難しいと思われます。



「後方待機」では、馬群の後ろに控えるときは、

枠順による有利不利はほとんどなく、

どの枠であれ、最後尾という楽なポジションがとれます。



「後方待機」のリスクは、

馬群が壁になって、前に出られなくなることくらいです。



3コーナー手前で、馬には十分な余力がある。

追えば確実に伸びる。

しかし、前を走る馬たちが壁になっている。

仕方がなく外に出す。そこにも馬たちが壁になっている。

馬群に邪魔されたり、不利を受けたりして、

一度スピードが落ちてしまうと、

余力を使えずに、馬群に沈み込んでしまいます。



一番スピードを出すゴール前で、スピードを抑えてしまえば、

そこから、再度スピードに乗ることは至難です。



ちなみに、馬の末脚とは”どのくらいの脚を使えるか”ではなく、

どのコースで、その脚をどの位置から使えるのか”ということです。



例えば、現在の中央競馬で、最後の直線が一番短いのは、

函館競馬場で、262mとなっており、

一番長い直線を誇る新潟競馬場外回りコースの最後の直線は、

658.7mにも及びます。

また、新潟競馬場の場合は、

国内唯一となる1,000mの直線コースもあります。



新潟や、東京の長い直線や、

東京のレースの最後の直線で、長い上り坂があるコースなどは、

差しや追い込みの、前半に体力を温存して、

最後の直線で勝負する馬が有利で、

適性が高いと言われています。



また、直線が長いコースでは、展開によって変わる要素も少なく、

それなりの実力がないと、なかなか勝てないという特徴もあります。

逆に、札幌や函館などのように、

直線が短くて、小回りのコースは、逃げや先行が有利とされています。



後ろからレースを運ぶ、差し・追い込みは、

直線に入ってから勝負をかけるには、距離が短く、

第3コーナーから、第4コーナーにかけて、

勝負を仕掛けなくてはならず、

コーナーの途中でしかける、いわゆる、まくりになると、

外側を通る距離的な不利もありますし、

コーナーの角度がキツいので、

スピードにも乗りにくいという難点が有ります。



気候も人間が、ある程度湿気があって、

暖かい所じゃないと、身体を全開で動かせられない人もいれば、

北海道のように、夏は気温こそは上がりますが、

比較的涼しくて、湿気の少ない気候を好む人がいるのと同じように、

馬にも好きな地域の気候などもあります。



また、競走馬は、レースの都度に専用輸送トラックで、

競馬上に輸送され、

拠点となるトレーニングセンターなども、

兵庫県の栗東と茨城県の美浦と2箇所あり、

こういった拠点からの移動距離が短い方が、

馬の負担は少なくなります。



適性とは、コース・距離・戦績などの項目によって異なるものである。

より多くの適性を持った馬を、そのレースの有力馬として考える。

適性の有無を見抜くためには、各項目ごとの好走パターンを

把握しなければならない。



異なった条件で、記録された数字を比較することが、無意味である以上、

速い時計を持つ馬に、そのレースの適正があるという判断には至りません。








競馬は、着順を争うものであり、

タイムを競うものではありません。




我々の想像以上の出来事が、ゴール前で繰り広げられる近代競馬。

しかし、その中でも、馬の取り巻く状況を知ることにより、

上位に突っ込んでくる可能性がある激走馬が見えてきます。



好走パターンとは、言い換えれば、レースの攻略パターンである。

競馬は本来、結果論でしか語ることができません。

しかし、レースの攻略パターンを数多く持っていれば、

そして、そのパターンを使いこなせるようになれば、

精度の高い的確な予想ができ、

競馬で勝つことは、可能です。



予想における各カテゴリーを、独自に解析し、

このシステムを活用して、勝つ馬だけを提供します。

1日に提供する勝負馬券は、1日1レース1頭予想です。

是非、私の予想を投資にご活用ください。























「予想のご利用について」



予想配信は1日1レースで、1日1レース以上提供することはありません。

当日午後2時30分までにメールで予想を配信します。



予想参加料金

新規会員6,500円(4日間予想)

継続会員5,900円(4日間予想)



複勝投資予想4日間の定員は、オッズ低下を防止するため8名で運用しています。








お客様のプライバシー保護方針
当サイトは、お客様のプライバシー保護を最優先しております。SSL暗号通信により、お客様のウェブブラウザーとサーバ間の通信が、すべて暗号化されますので、ご記入いただく内容は安全に送信されます。







トップページ 複勝投資成績表 お問い合わせ






日本中央競馬会 ギャンブルランキング  競馬ベストランキング



Copyright(C) All right reserved 2ヶ月で468,000円稼ぐことができる複勝Aランク予想

当サイト内で使用している画像および文章の転載、複製は一切禁止いたしております。